その⑦~その⑨

 

2010年3月6日(土)
「風のようにフォークは流れ」その⑦
<あの頃・・そして今>

(出演)

▽第一部
1. FROGGIES
(小山光弘、土岐純夫、小池順一、渋谷正人)
2. 小林啓子
3. Modern Folk Fellows
(渕田隆弘、大山展代、稲生二平、新庄駿、吉田勝宣)

▽第二部
1. Modern Folk Quartet
(重見康一、真木壮一郎、麻田浩、吉田勝宣)
2. 万里村れい&115
(万里村れい[藤田和子]、岡部仁、小林龍彦、中嶋卓也)
3. Broadside Four
(黒澤久雄、横田実、鶴原俊彦、小松久)

▼総合司会:土岐純夫

(開催場所)
青山「草月ホール」港区赤坂

(※下記をクリックしてどうぞご覧下さい。)
■ギャラリー/「風のようにフォークは流れ」その⑦
http://otr-reunion.com/gallery

私がまだ10代の頃に、みなさんが抱いたと同じように、<ひとつの夢♪>を抱いておりました。それは、自分が60歳を超えた時に、<大人のための童話>を書くことでした。 60歳を超えた自分は多分、<仙人>のようであろう。
人生の酸いも甘いも熟知し多くの学問を積み、慈悲深く高貴で、心は溢れる温泉のように温かく成長した自分は、ページを開くと瞬時に、疲れた大人の心を癒すことの可能な、<大人の童話>を創れるはず・・との勘違いでした(笑)。
はい、今の私は、気づけば立派に60歳を過ぎておりますが、老化による、しみ、しわ、たるみの老化3姉妹と仲良しの天然ぼけおばさん!
しかし・・折角この世に生を受けたのですから命終ゆる前に何か善きことをしたい・・と思い直し、あるきっかけを機に、この「風のようにフォークは流れ」という集いを始めました。私たち、星の数ほどの(笑)団塊の世代達に音楽を通して声をかけ、<あの頃の元気と、青春の煌めき♪>を皆で取り戻すことが出来れば・・日本は明るく元気になるはずだ!そう、<あの頃>の音楽は、私たち団塊の世代の元気の源でもあります!スキルの上手下手の評価のみでない心温まる演奏は、明日の活力となりましょう。
<あの頃、そして今>の青春の橋渡し役・・を担って素敵な演奏を届けて下さるのが本日の出演者の皆さまです。彼らには少なくとも80歳までの現役を願い、更に後輩達が次々続いてくれることを願います♪
本日、縁あってお集りの皆さまには、これからも、≪あの頃、そして今に続く青春≫を共に歩み続けて頂けますよう、心よりお願い申し上げます。
本日のご参加、本当にありがとうございました。

☆OTR reunion

(2010年3月1日 毎日新聞・夕刊より転載)

 

2010年8月7日(土)
「風のようにフォークは流れ」その⑧
<歌おう♪湘南の風に吹かれて~>

(出演)
1. NOPPE & KAZU
(稲生二平、最賀和明)
2. Froggies
(小山光弘、土岐純夫、小池順一、渋谷正人)
3. 小林啓子(ゲスト:ブレッド&バター兄・岩澤幸矢)
4.万里村れい&115
(万里村れい[藤田和子]、岡部仁、小林龍彦、中嶋卓也)

(開催場所)
「海の見えるホール」大磯町ステパノ学園講堂

(※クリックすると画像が大きくなります。)

★明るい階段教室のようなホール♪

★明るい階段教室のようなホール♪

★万里村れい&115

★万里村れい&115

★小林啓子

★小林啓子

★フロッギーズ

★フロッギーズ

★のっぺとカズ

★のっぺとカズ

★飛び入りゲストのさっちん(ブレバタ)と、啓子ちゃん

★飛び入りゲストのさっちん(ブレバタ)と、啓子ちゃん

★お客さま全員でシング・アウト

★お客さま全員でシング・アウト

はるばる、大磯の「海の見えるホール」に、ようこそ~!
今年の4月、私の大学の先輩にあたる「Bread & Butter」のライブがこのホールで行われました。
「うわ!素敵なホールだ♪」先輩のさっちん(岩澤幸矢氏)は、「みんなの顔がみえちゃって恥ずかしいなぁ~」等とおどけながら、青く輝く海を背に、まるで湘南の風のように爽やかで、心地良い兄弟デュオを聴かせて下さいました♪
しかし、このホールは、ただ単に素敵なだけ・・ではないのです。
実は・・戦後の混乱期に目の前に繰り広げられる悲惨な状況を救うため、強く大きな慈しみの心で困難に果敢に挑まれ、多くの戦災孤児たちを救われた、あの澤田美喜氏の、温かな心宿るホールなのです。
「風・・」(OTR reunion)の組織は、ゆくゆくは、大きな社会貢献に繋げたい・・との希望を持っておりますが・・
今回、音楽を通して、澤田美喜氏との、このような身近な出逢いを頂けたことを大変に嬉しく思います。
「人を幸せにする喜び・・」美喜氏が生涯で最も大切にされていたこと・・と、伺いました。
そのように慈しみ深い澤田美喜氏の想いまで感じながら、本日のコンサートをお楽しみ頂けたら・・素敵ですね。
スキルの上手下手のみの評価ではなく、心温まる演奏を愛し、様々な境遇の人の心に喜びを届けられたなら・・
それが、私たちの求める音楽♪であるのかもしれません。
「海の見えるホール」へのご参加を心より、感謝申し上げます。
「歌おう♪ 湘南の風に吹かれて~」

☆OTRreunion

≪御舩テル子さまから、万里村れいさん宛てに贈られた素敵なお手紙の一部をご紹介♪≫

―前略―
聖ステパノ学園の‘海の見えるホール’は、真夏の真昼、
蝉しぐれの森に迎えられてゆったりとした石たたみの段を登りつめると、
大自然の中にガラス張りの可愛いホールがそっと置かれているようでした。
非日常の空間で奏でられる音楽は、現実と非現実を往ったり来たりするようで、
客席は夢心地でした。舞台の背景は、夏の大空を背に茂る樹々が風にゆれ、
遠方眼下に大磯ロングビーチの白波。
クロアゲハ、ジャコウアゲハ、アオスジアゲハ、キアゲハ、ナガサキアゲハ、
ウラギシジミ、ヒョウモンチョウ、モンシロチョウ、アカタテハ・・
夏の蝶たちが乱舞し、演奏に吸い寄せられているのでしょうか、
舞台背のガラスにしきりと近づいて、一幅の幻想抒情画をみるおもいでした。
―中略―
2010年夏、
同じ時空に身をおいて行動したこと、私にとっても決して忘れられない
夏になりました。いい夏をありがとう!
―後略―

(れいさんのご友人である御舩さまは画家だそうです。流石ですね!)

2010年11月5日(金)
「風のようにフォークは流れ」その⑨
<ハロウィーンだよ、集まろう♪>

(出演)

▽第一部
1. NOPPE & KAZU
(稲生二平、最賀和明)
2. ロービング・ギャンブラーズ
(三田雅幸、安井治武、横田正裕)

▽第二部
1. ブレッド&バター
(岩澤幸矢、岩澤二弓)
ゲスト:小林啓子
ミニゲスト:重見康一/麻田浩

(開催場所)
「バックインタウン」新宿曙橋

(※クリックすると画像が大きくなります。)

★当日の看板(BIT)

★当日の看板(BIT)

★ハロウィーンの飾り

★ハロウィーンの飾り

★トイレにも飾り

★トイレにも飾り

★玄関ドアにも飾り!

★玄関ドアにも飾り!

★BITのスタッフ嬢たちも! (右隣りは、ぼーっとしてる重見さん)

★BITのスタッフ嬢たちも! (右隣りは、ぼーっとしてる重見さん)

★司会の土岐さん(魔女??)

★司会の土岐さん(魔女??)

★お客さま仮装 (うさぎさんやらお姫様やら?)

★お客さま仮装 (うさぎさんやらお姫様やら?)

★お客さま仮装(可愛い~♪)

★お客さま仮装(可愛い~♪)

★のっぺとカズ(のっぺはマリオ?)

★のっぺとカズ(のっぺはマリオ?)

★ロービング・ギャンブラーズ1

★ロービング・ギャンブラーズ1

★ロービング・ギャンブラーズ2

★ロービング・ギャンブラーズ2

★重見さん

★重見さん

★重見さんと麻田さん

★重見さんと麻田さん

★小林啓子さんと、西海さん(バッキング)

★小林啓子さんと、西海さん(バッキング)

★ブレッド&バターと西海さん(バッキング)

★ブレッド&バターと西海さん(バッキング)

★ブレバタ&啓子ちゃんwith 西海さん

★ブレバタ&啓子ちゃんと、西海さん

11月の声を聞いてしまった今、「Holloween だよ、集まろう~」
って、なぁんか、変ですよね?ハロウィンのお祭りは、本来、10月末日なのですが~~しかし、北イングランドでは11月5日、つまり、今宵がハロウィンのお祭りなのです   !
本日のライブは、このように自分たちに都合の良い理由を見つけ出し、にわか信者(ハロウィンの)による、<厄払い~>等とこじつけた、ハロウィン・ライブではありますが  楽しい仲間が集まることによって、こんなに、嬉しい空間が生まれます♪
そう、理由は何でも良いのですね  !
皆で集まり、楽しい空間を創り、明日の活力を生み出しましょう~
今宵のハロウィン・ライブは、素敵なイケ面男性デュオ、3組の登場です!特別出演のBread & Butter さんは、
実は、バリバリのプロなのですが、また更に、実は、私達の<あの頃>の仲間でもあります!ゲストには仲良しの
小林啓子ちゃん!そして、ミニ・ゲストには、MFQの麻田さんと重見さんが来て下さいます!
The Roving Gamblers の 癒しのハーモニー、NOPPE & KAZU の小気味良く息のあったサウンド・・と、 いつものフォークソングに拘らず、ジャンルを超えた、お洒落で素敵な音楽たちを存分にお楽しみ下さい♪
今宵のハロウィン・ライブへのご参加を、心より、感謝申し上げます。

☆OTR reunion