その④~その⑥

 

 

2008年5月30日(土)
「風のようにフォークは流れ」その④
<ありがとうマナ。これからもよろしく!>※堀川学くん追悼ライブ

(出演)
1. 重見康一
2. あっぺ&フレンド
(広川あけみ、島村正晴)
3. ケント
(石上巌、笹木昌樹、柴崎亮一、伊藤章一)
4. モダンフォークフェローズ
(渕田隆弘、大山展代、稲生二平、新庄駿、吉田勝宣)
5. フロッギーズ
(小山光弘、土岐純夫、小池順一)

(開催場所)
「バックインタウン」新宿曙橋

■堀川学さんの≪想い出写真集≫
(※クリックすると画像が大きくなります。)

昨年の4月、桜吹雪の美しい季節に、<堀川学くんの復帰ライブ♪>をさせて頂きましたのに・・今回は、本当に寂しいこととなりました。
あのとき既に、実は、マナの身体は厳しい状態にあったそうです。
でも、マナは、宣告より2年半近い年月を長く生きられ、残された命を精一杯、輝かされました。 そんな奇跡を起こしてくれたのは、勿論、大好きなフロッギーズの仲間達です。 残されたメンバーのいつまでも元気の無い姿を拝見していると、メンバー達のマナを失った悲しみの大きさや、マナがどれほど皆に愛されていらしたか、どれほど、魅力的な人物であったのかが容易に偲ばれ、悲しみが深くなってしまいます・・。
でも、フロッギーズのみなさん、そろそろマナのためにも元気を出して、再出発を致しましょう!
今、皆に愛されている、<千の風になって♪>という歌があります。それは、悲しみの歌ではなく、希望の歌なのです。「私は死んでなんかいません。お墓になんかいません。千の風になって、大きな空を吹き渡っています。朝は鳥になりあなたを目覚めさせ、夜は星になりあなたを見守る」 マナも又、まるでアトムのように時空を越えて、千の風になり、いたずらっ子のような、あの温和な優しい微笑みをみんなに届けてくれているのでしょうか? マナはきっと、今日も一緒に歌っていますよ♪

OTR reunion

※堀川学クンとは高校の同級生であったため、マナと呼ばせて頂きました。

 

 

2008年11月7日(金)
「風のようにフォークは流れ」その⑤
<コラボ&デュオ大会♪>

(出演)
1. J & P
(杉野正志、宮澤常泰)
2. ビリー・ボンボン(風邪のため棄権)
3. ザ・キングストン・デュオ
(新庄駿&ダニー)
4. ザ・ブラザース・スリー
(土岐純夫、稲生二平、安井治武)
5. K’s
(K子、喜生、川瀬一雄、小林善見)
6. 万里村れい&115
(万里村れい[藤田和子]、岡部 仁、小林龍彦、中嶋卓也)

(開催場所)
「バックインタウン」新宿曙橋

(※クリックすると画像が大きくなります。)

★当日の看板(BIT)

★当日の看板(BIT)

★J & P

★J & P

★キングストン・デュオ

★キングストン・デュオ

★ブラザース・スリー

★ブラザース・スリー

★K's

★K's

★K's(ダニー君とのコラボ)

★K's(ダニー君とのコラボ)

★K's(川瀬さんの熱演!)

★K's(川瀬さんの熱演!)

★皆で、シング・アウト♪

★皆で、シング・アウト♪

「風・・」も今回で、5回目となりました。仲間たちみんなの協力を得て、皆さんに迷惑をかけながらも、楽しく、嬉しく、ラン♪ラン♪ラン♪・・と、ここまで、やって参りました!
・・そう、楽しいこと、嬉しいこと、そして音楽たちは、私達人間にとって、どんなに高価な良薬よりも私たちの心や体の強いエネルギーに変わるものと聞きました。<恐ろしい病魔>でさえ逃げ出すような、<明るい光りに満ちた喜び>を、心に体にいっぱいに浴びることの出来るような集いを、私たちみんなで目指して行きたいものですね!スキルの上手下手のみの評価ではなく、心温まる演奏を愛し、様々な境遇の人の心に届けられたなら・・それが、私たちの求める音楽であるのかもしれません。どうか、これからも末永く、「風・・」にかかわって下さり、共に歩みを続けて下さいますよう、希望しています。
本日もご参加くださり本当にありがとうございました。

☆OTRreunion

 

 

2009年11月7日(土)
「風のようにフォークは流れ」その⑥
<フォーク仲間でカントリーを楽しもう♪>

(出演)

▽第一部
1. ポルコロッソ横田(横田脩)
2. のっぽ土岐(土岐純夫)
3. BIT安井(安井治武)
4. ビリー・ボンボン
(稲生二平、最賀和明)
5. Mu 新庄(新庄駿)

▽第二部
Hilltop Ramblers(with Country Dancers)
(赤井長久、豊田みき、遠山祐一郎、高木知彦、名執俊、山下興郎、木村哲之輔)

▽第三部
万里村れい&115
(万里村れい[藤田和子]、岡部仁、小林龍彦、中嶋卓也)

(開催場所)
「バックインタウン」新宿曙橋

(※クリックすると画像が大きくなります。)

★開拓時代、貴婦人姿のカコさんと俄カントリーガールの主催者

★開拓時代、貴婦人姿のカコさんと俄カントリーガールの主催者

★完璧なカントリースタイルでPPMを歌う(笑)万里村れい&115~♪

★完璧なカントリースタイルでPPMを歌う(笑)万里村れい&115~♪

★幻のビリー・ボンボン、今夜はカントリースタイルで登場!

★幻のビリー・ボンボン、今夜はカントリースタイルで登場!

どこのお店にも、美味しそうな柿の実の並ぶ食欲の秋になりました。 そのお陰さまで、今日の日のために買っておいた新品のジーンズがはけません! そう、本日は、「フォーク仲間でカントリーを楽しもう!」という奇抜な企画の 「風⑥」 なのです。
どうやら、よっぽど充分な練習を重ねない限り、普段フォークのみに関わっている我々が、カントリーを演奏することは不可能であることには、案外早く気付きました。故に、小気味良く、かっこ良いカントリービートの演奏等は、本物のカントリープレイヤーにゲスト出演して頂くこととして、我々はせめて衣装面から、カントリースタイルを目指すことに致しました。会場に、にわか・カウボーイ、カウガール達がチラホラしているのはそういう訳なのです。
昨年の春ころ、カントリーバンド(今回のゲストのヒルトップランブラーズさん)の演奏と共に踊るカントリーダンスを拝見し、「楽しそう~♪」と感じ、その時に、この企画を思いつきました。今宵は、フォーク大好き人間たちでカントリーをたっぷり、楽しませて頂きましょう!
ジャンルを超えて、良いものは良いのです・・!
本日も、ご参加下さり、本当にありがとうございます。
懐かしい友人たちの笑顔に囲まれ、懐かしい思い出の中に身を委ね、
このひとときを、楽しく温かく、ゆったりとお過ごし頂けますよう♪

☆OTRreunion